事業にふさわしい立地とは?

事業の立地

事業にふさわしい立地とは

・業種によっては、立地が集客や企業イメージに影響を与えます。

・必ず現地周辺を歩き回り、自分の目で様子を確認することが大事です。

・確認と同時に不動産業者で条件に見合う物件を探せば、手間も時間も省くことができますので一石二鳥です。

立地の検討ポイント

1.周辺の顧客ターゲット層の人口

※あくまで事業のお客さんとなる可能性のあるターゲットの人口であり、単に人が多ければどこでもいいわけではありませんので、その部分には注意しましょう。

2.周辺の競合店舗

※競合店舗があるから困難というわけではありません。逆に競合がいることで、お客さんが自然とたくさん集まってくる可能性もありますので、よく考えてみましょう。

3.周辺環境

4.駅からの動線がわかりやすいか

5.周辺道路の人通り、交通量

6.最寄駅からの距離

7.乗り入れ路線でアクセス可能なエリア

※お客さんが公共交通機関で来る場合には重要なことになるでしょう。

8.最寄り駅の乗り入れ路線数

※お客さんがより広い範囲から集まる可能性が高まるので路線が多いだけでもターゲットを広く集めることができます。

最低でもここに挙げている8つは確認して、事業を始めるのにふさわしい場所かどうかを判断するようにしましょう。

あなたが自分で見学してみて「この物件と立地なら自分の事業には最適な場所だ!!」と思った場合でも、ご自分だけの主観的な判断で進むのではなく、知り合いなどにお客さんの立場としてどうかなどを聞くなど主観的な判断ではなく客観的な視点も取り入れて判断の材料にするとよりよいものになると思います。

事業はお客さまが気に入ってくれなければどうにもならないので、あなた自身の満足で突っ走らないように注意をするようにしてください。

立地と集客はあなたが事業を行う業種によっては大きく業績を左右する要因になりますので「集客アプローチを考えよう」もご覧になってみてください。


Top