設立の狙いとふさわしい法人は何か?

社団法人・財団法人

☆社団法人や財団法人の設立の狙いとあなたにふさわしい法人は何か考えよう

一般社団法人や一般財団法人を設立しようと考える動機は様々にあると思います。

下記に表にまとめて例として挙げてみましたので、目的別にあなたが行おうと考えている社会貢献活動がどこになるのかを判断して、一般財団法人がふさわしいのか、一般財団法人がふさわしいのかを判断して最適な形態の法人で社会貢献活動に積極的に参加していただきたいと思っています。

設立をするために必要となる最低限の手続きに関しては、どのような動機で設立をしようと考えても同じになりますが、当該法人の事業目的だけでなく、社員・理事・監事・評議員の公正はどのようにするのか、当面の法人運営方法はどうするのか、将来にそなえてどのような布石を打つべきなのかなどは、設立の目的によって大きく変化してくるでしょう。

法人を継続して存続させるためには、税法上の問題を考えることも必要となってきます。

設立にあたって予想される状況をまとめましたので、あなたの状況に応じて最初の段階のプランをしっかりと立てるようにしましょう。

☆一般社団法人と一般財団法人の比較

 

設立の状況 設立のねらいと目的 適した法人の形
任意団体が法人格を取得 ・法人格の取得 理事会を設置する形の一般社団法人設立がふさわしいと思われます。
公益法人を目指してNPO法人からの転換 ・認定NPO法人と比較すると公益法人へ移行することが簡単になること。

・税法上の収益事業でも公益目的事業は非課税となる公益法人のメリットを活用する。

関連グループが企業を構成員として法人を設立する ・企業グループとして社会貢献活動の推進。
同業者団体を設立する ・同業者での公益活動、社会貢献活動または共益活動の推進。
地方公共団体からの一部の事業を分離させる ・事業の自立化を図る。

・組織をスリム化したい。

少人数の仲間で社会貢献のできる法人を設立する ・設立と運営が比較的簡単であること。 理事会と監事を置かない一般社団法人の設立がふさわしいと思われます
法人構成員の少ない同業者団体を設立する ・効率的な法人運営を目指す。
個人が博物館、奨学金支給などの社会貢献活動を実施するために資産を出して法人を設立する ・想いを将来につなげる手段として。

・相続税の節税対策として。

一般財団法人を設立することがふさわしいと思われます。
企業が社会貢献活動のために資金を出して法人を設立する ・永続的、安定的な社会貢献活動を実施するために。

Top