活用できる融資の紹介(創業融資制度)

創業融資

創業融資制度とは

・創業融資制度は、これから会社をはじめられる方、会社をはじめてから決算で一定の期間を終えられていない方であれば、どのような方でも利用可能な制度になっています。

・創業融資制度を利用しようと考えた場合に申請先となる機関は以下の2つになります。

①日本政策金融公庫による「新創業融資」

②金融機関+保証協会による「制度融資」

・創業融資制度はは通常の融資と比較すれば多少は受けることが用意であるという面があります。

・通常の融資というのは、創業融資制度を利用しない融資のことです。
その場合、決算書や残高試算表を基に、現状の会社の業績によって大きく融資の可能性が左右されます。

・創業融資においてはほとんどの会社が、設立した直後に融資の申請をします。そのため、当然ながら、決算書も残高試算表もまだありません。融資の可否という点では、通常の融資と比較すると今後の事業計画が大切な要素となります。

・しっかりとした事業計画を立てることができれば、融資を獲得できる可能性が高まるということです。逆に言ってしまえば、事業計画書をしっかりと作成していない場合には、あなたの事業がいくら魅力的で将来性のある素晴らしい事業であったとしても、融資をするかどうかを決定する審査の段階ではまともに見られない可能性もあるということを十分に理解しておくことは大切でしょう。

会社を運営して継続していくためには資金の問題は避けることはできませんので、参考に「資金調達のコツを知ろう!」もご覧になってください。


Top