有限責任と無限責任の違い

会社設立

有限責任と無限責任の違いについて

・株式会社の株主、合同会社の社員、合資会社の有限社員は、有限責任のみを負います。

・有限責任とは、出資者は出資額の範囲においてのみ責任を負います。

連帯保証をしているような場合を除けば、債務について債権者から支払いを請求される ことはありません。

清算しても、出資額が返ってこないだけで、それ以上の金銭的負担はありません。

・個人事業主や、合名会社の社員、合資会社の無限責任社員は無限責任のため、すべての債務についての弁済義務(返済する義務のことです)を負います。

・有限責任を負うだけでよい株式会社や合同会社のほうが、出資者からの資金を集めやすいといえるでしょう。

株主の立場の思い

有限責任と無限責任を、あなた自身が会社の株主の立場になってみると考えると、どちらのほうがいいかは明確だと思います。

有限責任であれば、株主の方が1億円出資して会社が設立されて事業が動き出した後で、もし会社が傾いて負債を抱えてどうにもならなくなったばあいでも、出資者は自分の出した金額である1億円さえ諦めてしまえば、これ以上の責任を問われることはありません。

ですが、無限責任の場合には、1億円を出資していた会社が、例えば10億円以上の負債を抱えてどうにもならなくなった場合には、1億円の責任を負うだけでなく、無限ですから会社の負債のすべてに対して責任を負わなくてはなりません。

会社に出資しようとする人が有限責任の会社と無限責任の会社のどちらに出資したいかと考えてみていかがでしょうか?

ご自分であれば無限で際限なく責任を負わなくてはならない可能性のある会社よりは、出資した金額分の責任は負わないといけませんが、それ以上は責任を問われることのない有限責任の会社のほうに出資したいと思うのではないでしょうか。

実際に会社を無限責任と有限責任のどちらかにするかは「事業コンセプトを決めよう」もご覧になってみて決めるのもいいでしょう。


Top