登記の完了を証明する

登記の完了を証明しよう

1.登記事項証明書とは

・登記が完了したら、法務局で「登記事項証明書」(登記簿謄本)を取得できます。

・「登記事項証明書」には、現在事項証明書・履歴事項証明書・閉鎖事項証明書・代表者事項証明書の4種類があります。

・通常、金融機関などへの提出に利用するのは、履歴事項証明書になります。

・取得方法には、法務局に行く方法と、オンライン請求の2通りがありますので、あなたの都合のいい方法を選択してください。

・交付方法は、備え付けの交付申請書に記載する方法と、発行請求機による交付があります。

2.印鑑証明書とは

・「印鑑証明書」も「登記事項証明書」と同様、印鑑カードを使用して発行請求機から取得できます。

・窓口で「印鑑証明書」を受け取る際に印鑑カードを提示する必要があります。

・交付申請書に記載する場合も、発行請求機を利用する場合も、「印鑑証明書」の交付を受ける場合には、印鑑カードを持参しましょう。

・代表者以外(従業員など)でも証明書の交付はできますが、「印鑑証明書」は会社にとっては非常に重要な書類のため、できる限り代表者であるあなたが直接取りに行くようにしましょう。

・「印鑑証明書」は銀行口座開設や会社名義の不動産売却などに使用します。


Top