集客アプローチを考えよう

集客アプローチ
集客方法はインターネットを利用したものと利用しないものがありますので、そのあたりも含めて紹介していきます。
あなたの事業にどの集客方法が最適なのかを見極めて利用していくといいでしょう。

集客アプローチ(手段)を考えよう

オンライン集客手段を理解しよう

・自社ウェブサイト

現代のビジネスで自社ウェブサイトがないということは考えられませんので、必ず準備しなければいけないと考えてもいいと思います。ただそれなりのものを作成するには会社内の従業員にウェブデザイナーなどの専門家がいない場合には制作会社に依頼することになるので、それなりの資金が必要なことは覚えておきましょう。

無料ブログ

無料で利用できるブログサービスは多くの会社が提供していますので、利用を考えてもいいでしょう。
ただ注意しないといけないのは、ブログサービスによってはブログのビジネス利用の禁止をしているサービスもあり、その規約を破ってしまうとある日突然ブログが閉鎖されてしまうという危険性があることもあります。
ですから、ブログはあくまでもサブとしてあなたのパーソナルな情報を提供していくほうが安全と言えるのではないでしょうか。

メールマガジン

無料でメールマガジンを発行できるサービスを利用すればコストがかかることなくコアなあなたのファンをつなぎとめておくことが可能です。
メールマガジンであれば提供する必要のある情報は限定されているので発行しやすいと思います。

SNS

SNSが昨今では盛んに利用されていますが、繁栄しているので事業に利用すれば簡単に集客できるというわけではありません。
あなたの事業の お客様になると思われるターゲットとあっている場合には利用すると非常に効果的と言えるでしょう。

オフライン集客を理解しよう

人脈と紹介

起業前からの人脈を最大限に利用して、紹介などをいただける場合には活用するといいでしょう。
特に起業直後であれば紹介でいただけるお客様は非常にありがたい存在になるでしょう。

電話営業

電話営業はオフライン集客の定番でしょうが、時代的にはあまり効果的ではないと言えるでしょう。

飛び込み営業

電話営業と同じく、時代的にはあまり効果的ではないと手法と言えるでしょう。

ポスティング

あなたも自宅に新規開店したお店などのチラシが投函されていた経験があるとは思いますので、効果はどの程度かはある程度予測はついていると思います。
結論を言いますと効果はそこまで高くはないと言わざるを得ないでしょう。

セミナーの開催

セミナーを開催して参加してくださる方は、興味を持っている方ばかりなので、お客様候補としては非常にレベルが高いと言えるでしょう。
セミナー終了後のフォローの仕方がで大きく状況が変化してくることを覚えておきましょう。

お客さんを集めるための手法が決まったのであれば「競合他社を分析する」もご覧になってみてください。


Top