商号を決めよう!!

商号

商号を決めよう!!

○商号とは、いわゆるこれから事業を始めていくあなたの会社名のことです。

○これから社長として大切に育ててゆく、あなたの会社の名前ですから、あなただけでなく会社を設立するときの協力者全員の「想い」が詰まったすてきな名前を、じっくりと考えてください。

○商号を考える作業は、設立する会社の事業コンセプトや将来のビジョンを考えるよい機会でもありますので、名前程度などと簡単に思わずに、じっくりと気持ちを込めて決めていただきたいと思います。

○あなたが社長になり、他の人から社名の由来を聞かれたとき、誇りをもって話せるものにしたいですね。

○覚えておきたい商号決定のルール

1.使用できない記号があります。

記号については「&」「’」「、」「-」「.」「・(中点)」が認められています。

ただし、商号の頭や末尾には使用できません。

また、「!」や「?」、「@」などの記号は使用できません。

アルファベットやアラビア数字(1,2,3・・・)は使用可能です。

2.会社の種類を必ず入れましょう。

株式会社をつくるなら「株式会社」、合同会社をつくるなら「合同会社」の文字を、商号の頭か末尾につけなけらばなりません。
例:○○株式会社、株式会社○○、○○合同会社、合同会社○○という風にしておくことを覚えておきましょう。

3.会社の一部門を表す語句は使用できません。

商号の中に「支店」「支部」「支社」「事業部」など会社の一部門を表す語句を入れることはできません。

4.特定業種のみに使用できる語句があります。

「銀行」「信託」「保険」は、実際にこれらの業種でない限り使用できません。

この銀行、信託、保険の語句はいずれもお客様の大切な資金を扱う公的性が極めて高い業務ということで、名前の通りの業務をしない会社では名乗ることができなくなっていると思っていてください。

銀行でもないのに銀行の名前を使ってお客様が間違ってしまっては、結局は起業したあなたにも仕事に支障が出てきますよね?

5.公序良俗に反する語句は使用できません。

わいせつな語句や犯罪に関連するような語句(「麻薬」や「殺人」など)は使用できません。

会社を設立して大きくしたいと思っているであろう起業家のあなたがわいせつな語句を使用して事業をしたいとは思わないでしょうから、一応そういうこともあるんだ程度にだけ記憶しておくだけで問題はないとは思います。

6.同一住所で同一商号は使用できません。

同一住所に同一商号の会社を登記することはできません。

会社を始めるにあたって非常に大切な「起業に必要なひと・モノ・カネ」もご覧になってみてください。


Top