会社設立の5ステップ

会社設立の5ステップ

会社設立の5ステップ

会社設立には難しい手続きが必要だと考えておられる人が多いでしょうが、会社設立は次の5つのステップさえクリアしてしまえば、そこまで難しい手続きを経ることなく設立することができるのです。

5つだけクリアすればいいのかと思えば、会社設立完了まではそこまでややこしいわけではないと思えますよね。

会社設立の手続きと聞くとほとんどの方が、もう少し大変で難しいと思っているののではないかと思います。
それでは5ステップを見ていくことにしましょう。

ステップ1 会社のイメージの検討

・事業のコンセプトづくりをしましょう。(コンセプトがなければ会社が迷走してしまう可能性大です)

・商号、本店所在地、事業目的、資本金、役員などの検討としっかりとしておきましょう。(これらは後々変更することは可能ですが、変更するにも法務局に届け出が必要ですし、その度に最低でも10000円程度の登録免許税が必要になりますからしっかりと決めておくことは大切になってきます)

ステップ2 発起人会の開催

・基本事項を決定し議事録を作成しておきましょう。

・印鑑証明書取得しておきましょう。

・会社の印鑑発注しておきましょう。(法人印鑑の準備は早めに行っておきましょう)

ステップ3 定款の作成と認証

・各発起人の実印を押印しましょう。(印鑑の種類を間違えないように注意してください)

・公証役場へのFAXしておきましょう。

・公証役場で公証人に定款を認証してもらいましょう。

ステップ4 出資金の払込

・払込口座を決定しておきましょう。

・各発起人からの払込を受けておきましょう。

・通帳の記帳とコピーを取っておきましょう。

ステップ5 登記申請

・登記書類・添付書類の作成しましょう。

・法務局への申請書提出しましょう。

・登録免許税の納付しましょう。

このような段階を踏むことで自分の会社を設立することができます。
ステップ1から5までをチェックしていくことで、設立までの手続きが進んでいることが実感できるのではないでしょうか。

会社設立までの難易度が現在は大きく変化していますので「新会社法で会社設立が容易になった」もご覧になってください。


Top