まずはNPO法人を知ろう!!

NPO法人

■撮影用にレンタルしたスペースにて撮影を行っています。

まずはNPO法人を知ろう!!

公益性が重要視されるのがNPO法人

NPOは英語ではNonProfit Organaization(ノンプロフィット・オーガナイゼーション)と呼ばれており、それを略してNPOと呼ばれています。

NPO法人は日本では特定非営利活動法人と呼ばれていますが、その活動内容は様々な社会貢献活動を行い、非営利と名前があるように組織の構成員に対して、収益を分配することを目的としていない点に特徴があります。

株式会社や合同会社のような営利企業の場合には、自社の利益を上げることを目的として活動をしていますが、NPO法人の場合は、営利企業と異なり、利益を上げることをおもな目的として活動することはできません。

ただ、全く利益を追求してはいけないとなると、そもそも法人としての存続が不可能になってしまいますので、主な活動目的としていない場合には、収益を目的とする事業を行うことは認められています。

この活動で得た収益は、様々な社会貢献活動に使うことになります。

一般的に、法人は株式会社、合同会社などの営利法人と学校法人や医療法人、宗教法人などの非営利法人にわかれますが、NPO法人は非営利法人に分類することになります。

このように、NPOとは特定非営利活動促進法というものを根拠として法人格を取得した法人となりますが、法人格が有る無しにかかわらず、福祉や教育、文化、地域再生、環境、国際協力といった様々な分野で、社会で必要とされている人々のニーズを満たすような活動をすることを期待されています。

ボランティアやNGOとは違う

NPO法人の活動は、広く人々のために行うものですが、一般的なボランティア活動とは異なるということは覚えておきましょう。

一般的に言われているボランティアとは無償で活動をおこなうことというイメージがあるとは思いますが、NPO法人が今後も続けていくためにはNPO法人で働いてくれる従業員を雇用することも認められています。

したがって、NPO法人のスタッフになったからといって、法人が非営利なのでスタッフは無償で活動をしなければならないというわけではありませんので覚えておきましょう。

NPO法人と似たような名前の組織としてNGOという組織も存在しています。

NGOの正式名称はNonGavernmental Organaizationといい、それを略してNGOと呼ばれています。

活動としては政府が行うような公的生活の強い活動を行っている非政府組織ということになります。

NPOも広い意味では非営利の組織ということでNGOと似たような活動をしている組織ですが、より国際的な活動を行っているのがNGOだと考えておけば問題ないと思われます。

NPO業種が限定されることになります

NPO法人の活動は、法律で17分野の活動に限られています。

法人格を取得しないでNPO活動を行っている場合には、17分野には縛られることはありませんが、後々法人格を取得しようと思って活動している団体なのであれば、法人格を取得するためには17分野での活動に制限されますので、今後の方針も考えた上で活動の内容を決めるようにしてください。

活動は決められている17分野の中から1法人につき1つしか行えないということはなく、複数の活動を行うことは可能です。

また活動の対象については、特定の人のためでなく、不特定多数のために行わなければいけませんので注意してください。

NPO法人は活動分野は17分野と狭くなっている桃の、社会貢献活動は社会のすべての人のために行わなければいけないということになります。

より突っ込んだNPO法人の内容に関しては「社会貢献とビジネスが両立できる魅力的なNPO」をご覧になってみてください。


Top