会社設立のメリットとデメリット

会社のメリットデメリット

会社設立のメリットとデメリット

会社を設立することはメリットばかりではありません。
あなたが事業を始めるにあたって、メリットとデメリットを理解して置くことは非常に大切な事です。
実際に始める事業に本当に会社を設立することがメリットが大きいのか、個人事業で行うほうがメリットが大きいのかを最初にじっくりと考えて判断するようにしてください。

○会社設立のメリット

1.社会的信用が高い

会社は登記が設立の要件であり、会社の基本情報は法務局に行けば会社関係者以外の誰でも情報を確認できることが社会的な信用度を高める主な理由でしょう。

大手企業と直接取引可能な口座を開設するとき、消費者ターゲットを広く取り通信販売をするとき、資金の借入をするときなどにメリットがあります。

2.税率がほぼ一定です

所得に応じて税率が上がる所得税と異なり、法人税は基本的にほぼ一定です。

支払う税金の割合が一定なだけに、ある程度の所得が確実に見込める場合には会社を設立したほうが個人事業で行うよりも節税になります。

3.役員報酬を支給できます

個人事業主は自分自身に給与を支払うことはできませんが、会社の場合は社長個人に役員報酬を支払い、それを損金(会社の必要経費と考えてください)に計上することができます。

4.社宅や生命保険などの節税策も豊富です

役員の住居を会社で借りて社宅としたり、会社で役員の生命保険に加入したりすれば、経費として会計処理が可能ですから節税対策になります。

○会社設立のデメリット

1.手続きに費用がかかります

定款認証、登記などの手続きに費用がかかります。
会社は設立時以外にも会社の形態が変わるたびに法務局に届け出をしないといけませんが、そのたびに登録免許税が必要になることを覚えておきましょう。

2.会社や税務申告などが複雑です。

税務申告など、複雑な手続きが必要になります。

ただこの申告などはご自分でやらなくても費用を支払うことで外部の専門家にお任せすることで手間は大幅に簡素化することはできます。

会社のメリットとデメリットを理解したあとで「よくある起業の疑問」もご覧になってみてください。


Top