重要度高し!!法人の経理

経理

〇経理の必要性

・法人を設立すると、事業年度終了後に決算申告を行わなければなりません。そのため、日々の事業活動における売上や経費を、しっかりと記録しておく必要があります。これを怠ると、いざ決算を行う際に、スムーズに書類を作成できず、期限までに決算申告が間に合わなかったり、誤った申告をしてしまい、後々の税務調査の際に大幅な追徴課税を受けるなど、大きな問題となってしまうでしょう。

・定期的に売上、経費の状況を把握しておくことで、決算時に支払う税額を予測し、それに対して節税対策を行うことができますが、決算のギリギリになってようやく状況がわかるのでは、節税対策ができる猶予が残されておらず、結果として多くの税金を納めることになってしまいます。

・創業当初の少ない人数の中で、本業の売上を稼ぎつつ、コツコツと経理業務を行っていくのは極めて難しいことですl。自身は本業の売上を稼ぐことだけに集中し、経理に関しては専門家である税理士に任せてしますほうが費用はかかることになりますが、安全性からも労力の削減からも良いかと思います。

(1)専門家(士業)とは

・行政書士、税理士、司法書士、弁護士、社会保険労務士などを総称し、「士業」と呼ばれています。

(2)各士業の役割

①行政書士

・行政書士の主な業務としては、官公署に提出する書類の作成や、提出手続きの代行となります。

・会社設立においては、定款の作成や公証役場での認証手続きの代行を行うことができます。

②司法書士

・司法書士の主な業務としては、登記の手続きとなります。
・会社設立においては、法務局へ提出する登記申請等の書類作成や、その提出の代行を行うことができます。

③弁護士

・弁護士の主な業務としては、代理人、言語人として法廷で主張をしたり、弁護を行ったりと、訴訟における手続きを担い
ます。
・法律に関する専門家ですので、契約書の作成や企業の顧問となることで、法務面のサポートをします。

④税理士

・税理士の主な業務としては、税務書類の作成や節税に対する助言等の税務相談を行います。
・会社設立後においては、決算書類の作成など、ほぼ全ての方が付き合うことになる士業となるでしょう。

➄社会保険労務士

・社会保険労務士の主な業務としては、労働関連の法律に基づく各種書類の作成や、提出手続きの代行となります。
・会社を設立した後、社会保険への加入手続きの代行や、就業規則の作成などを担います。
・労使間で発生する賃金不払い等の問題解決を図ることも業務として担います。

日々の金銭管理などで一番利用することになるのは、税理士の可能性が高いですから、「顧問税理士を決めよう」も参考になさってください。


Top