会社のイメージを整理しよう!

会社イメージ

会社のイメージを整理しよう!

・会社の運営方法の詳細を決める前に、これまでに考えた会社のイメージを一度まとめておきましょう。

会社のイメージを明確にしておけば、のちのち銀行や信用金庫、信用組合、日本政策金融公庫などからの融資を受ける際に必要な事業計画書の作成が簡単になります。

融資の場合には相手にあなたが設立する会社のイメージが金融機関の融資担当者に明確に伝わらないことには説明ができませんし、融資する側も融資をするべきかどうかの判断に迷ってしまいますからね。

1.何のために

事業を起こす理由はなんですか?(市場や商品環境を含む)

2.何を

提供する商品やサービスはどのようなものでしょうか?

3.何処に

対象となる市場や参入する業種、分野などはどのようなものですか?

4.誰に

顧客ターゲット層はどのような方をイメージしていますか?

5.誰が

会社名は? 役員や出資者はどのように決めていますか?

6.どれだけ

どれだけの資金で、どれだけの売上を見込んでいますか?

7.どのように

他社との差別化や付加価値はどのようにつけていきますか?

8.何処で

立地はどのように考えていますか?

9.いつ

起業時期はいつを考えているでしょうか?

1~9までのすべてを明確に整理できているのであれば、あなたの会社は非常に強いと思いますが、会社ができる前にすべてのことを完全には整理できない場合がほとんどだとは思います。

とくに新しいサービスを行う場合には売上の見込みなどは設立後に大きく変化する可能性もあるからです。

ですが、顧客のターゲットとサービスの内容は非常に重要な項目になりますので、綿密に作り上げていくようにしてください。

顧客のターゲットなどは間違えてしまうと、本来は市場のニーズが非常に高い商品やサービスを提供しているにも関わらず、全く的外れな層に向かってサービスを提供していることになってしまいますからね。

単純に言いますと車に全く興味がなく免許すら持ってない人に車を売ろうとしても、そもそも免許という車を運転できる手段がないのですからサービスが気になったとしても商品を購入することはないというような感じですね。

あなたが設立しようとしている会社のイメージを映像化できるくらいまでまとめるには、やはり事業のコンセプトを作り上げていないと難しいですから、「事業コンセプトを決めよう」もご覧になってみてください。


Top