増資の手続き

合同会社の形態変更

☆増資の手続き

・事業を運営していく中で、事業の規模が大きくなり、合同会社設立当初の資本金では足りなくなった場合などには、資本金を増やす場合があります。

・合同会社において資本金を増やす方法
①既存の社員(出資者)が追加で出資することで資本金を増やす方法:
増資分の登録免許税が3万円(もしくは増資金額の1,000分の7)となります。

②新規で社員(出資者)を追加することで資本金を増やす方法:
増資分の登録免許税の3万円(もしくは増資金額の1,000分の7の他に、社員追加のための登録免許税1万円が必要となります。

<増資の手続きのときに準備するもの>

・会社の代表印
・役員全員の認め印(代表社員は除きますが、新たな社員は含まれます)
・法人名義の銀行通帳の写し(表紙、表紙裏、記帳部分)
・最新の履歴事項全部証明書(登記簿謄本)

<一般的に作成が必要な書類>

・変更登記申請書
・社員総会議事録
・就任承諾書(新たに社員が追加となる場合)
・払込証明書
・資本金の額の計上に関する証明書
・OCR用紙
・委任状(代理人が申請する場合にのみ必要になります)

事業が発展してきますとさらなる規模の拡大を目指して会社組織の変更を考えることもあると思いますので「合同会社から株式会社へ」もご覧になってみてください。


Top