支店登記の手続き

合同会社の形態変更

☆支店登記の手続き

・支店を法務局へ届け出る場合には、支店登記という手続きが必要になります。

・支店1つにつき、法務局に支払う登録免許税が60,000円かかりますので一気に支店を増加させると支店そのもののコスト以外に登録免許税がかなりの金額になることを忘れないようにしてください。

・支店設置場所が本店所在地と別の市区町村にある場合、支店設置場所を管轄する法務局へ別途9,000円の登録免許税を支払うことになります。

<支店登記手続きを行う時に準備するもの>

・会社の代表印
・役員全員の認め印(代表社員を除く)
・支店設置場所の正確な住所
・最新の履歴事項全部証明書(登記簿謄本)

<一般的に作成が必要な書類>

・変更登記申請書
・社員総会議事録
・OCR用紙
・委任状(代理人が申請する場合)

会社が大きくなってきて支店を作ることになると、おそらくは設立当初の資本金では不足してくる場合があると思われますので「増資の手続き」もご覧になってみてください。


Top