NPO法人スタッフの給料は?

NPO法人のスタッフの給料は?

NPO法人のスタッフの給料は、そもそも非営利活動法人なのだから、勤務したとしても給料が安いのは当たり前だとも思われがちです。

残念なことなのですが、多くのNPO法人は慢性的な資金不足という悩みを抱えているようです。

活動資金ですらなかなか捻出が厳しいとなると、どうしてもスタッフの給料などを一般企業のように充実させることは後回しになりがちになってしまいます。

NPO法人に勤務している多くの人は、社会貢献活動というやりがいを最優先にしてどのNPO法人に勤務するかということを選択しています。

また困った考えですが、NPOは無償のボランティアが基本だという考え方もいまだに根強く存在しているようで、たとえスタッフが収入や待遇について不満があったとしても、なかなか文句を言えないという事情もあるようです。

スタッフにも自分の生活が存在していることを忘れてはいけません

しかし、スタッフにも生活を維持しなければ生きてはいけません。

勤務を始めたばかりであれば、収入や休日などの待遇が多少悪くても二の次だと思っていたとしても、結婚して出産して家族が増えてきて生活環境が変化してくると、いつまでも多少待遇が悪くても我慢しようとは言ってはいられなくなってしまいます。

このため本当はNPO法人の趣旨に賛同して社会貢献活動を行いたいという思いで勤務を始めたものの、生活を維持することができなくなり、優秀な人材が長く勤務することができないといった問題が発生してしまうこともあるようです。

このような現実を踏まえて考えていくと、これからNPO法人を経営していこうと考えている方は、スタッフが安心して長く働けるように、事業活動によって収益を上げるなどして、経営を安定させる努力をしていかなくてはいけないと言えるのではないでしょうか。

スタッフの生活の安定は最終的には活動を活性化させることにもつながると思いますので、経営者であるならば、非営利組織のNPO法人といえども収益を出すことを真剣に考えていかなくてはいけない必要があるでしょう。


Top