通帳のコピーを忘れずに

通帳のコピーを忘れずに!!

1.出資金の払込

各発起人または社員は各人ごとの出資金の額が決定した場合、登記申請のひまでに、その決められた出資額の全額を払い込まなくてはなりません。

ただし、この段階では、会社の銀行口座がないので、発起人または社員の代表者の個人の銀行
口座に振り込むことで、登記に向けた手続きを進めます。

振込作業が終わったら、まず記帳し、次の内容が確認できるようコピー(モノクロ)をとります。

・銀行名・支店名・口座番号
・通帳の名義
・振込人と、振込人ごとの振込日と金額

出資者が複数で、ページがまたがる場合は、払込が確認できるページをすべてコピーします。
通帳ではなくインターネットバンキングの取引履歴を利用する場合は、上記の内容が確認できる画面をプリントアウトします。

法務局の審査対象はあくまで入出金履歴です。発起人2名でそのまま役員になる場合であっても、自分の口座に自分で振り込むことになります。

2.資本金の払込の証明方法

通帳のコピーが終わったら、次は、「振込があったことを証する書面」を作成します。

設立時の代表取締役または代表社員が、各出資者からの全額出資が完了したことを確認し、そのことを証明する書面です。

出資者が複数いる場合でも、書面には出資者ごとの金額ではなく、出資金の総額を記載します。

この金額は、定款に記載された出資額と一致しなくてはなりません。

株式会社の場合には、その払込を受けた金額に対して、発行した株式の数も併せて記載します。

現物出資がある場合、払込を受けた金額には現金で出資された金額のみを記載しますが、設立時発行株式数には現物出資分も含めて記載します。

「払込があったことを証する書面」を添付書類として法務局に提出する際は、「払込があったことを証する書面」を表紙にして、通帳のコピーとホッチキス留めし、すべてのページ間に表紙で用いた代表者印で契印をします。

各コピー間の契印は忘れやすいため、注意しましょう。


Top