会社の印鑑をつくろう

会社の印鑑をつくろう

○会社で使う印鑑の種類
会社を設立するときに製作する印鑑は通常、次の3種類です。
この3種類の印鑑は、使用する場面がそれぞれ異なります。

・代表者印(会社実印、会社代表印ともいう)

  代表者印は、法務局に登録される、いわば会社の実印です。
  「登記申請書」の添付書面への押印に代表者印を用いるため、遅くとも登記
  申請するまでには必ず用意が必要です。会社名が決まった段階で早めに注文
  しておきましょう。
  代表取締役が変更した場合、基本的に代表者印を引き継ぎます。代々受け継
  がれていくため、個人名は入らないのが通常です。
   (使用例)
・登記申請書・委任状
・金銭消費貸借契約書
・不動産売買契約書や担保物件の設定契約書
・連帯保証をする際の契約書
・そのほか取引先・役所など相手方から特に要求された場合

・銀行印

  会社の銀行口座をつくるときに必要となるものです。
  安全上、代表者印とは別のものを製作したほうがよいでしょう。
   (使用例)
・銀行窓口での口座取引
・各種口座引落要書類

・角印

  請求書や見積書など日常業務での書類に押印する印鑑です。
   (使用例)
・見積書や請求書など
・その他
  住所、社名、電話番号などが記載されたゴム印も製作しておくと非常に便利
  です。

○個人の印鑑
会社設立登記の際の添付書類のひとつとして、出資者や役員個人の「印鑑証明書」
も必要となります。会社設立においては、発行後3か月以内のもののみが有効で
す。


Top